1: 名無し@またたび 2018/04/25(水) 16:30:24.73 ID:CAP_USER
【4月25日 AFP】
米控訴裁判所は24日、クロザルが自然写真家のカメラを使って撮った「セルフィー(自撮り写真)」をめぐる訴訟で、 サルに著作権はないとの判断を下した。

 これにより、英国人写真家デービッド・スレイター(David Slater)氏と、
このサルの代理人として同氏を訴えていた動物愛護団体 「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」との長い法廷闘争は終結に向かうとみられる。

 問題となった写真は、
2011年にインドネシアのスラウェシ(Sulawesi)島でクロザルのナルト(Naruto)が
スレイター氏がセッティングしていたカメラに近付き、シャッターボタンを押して撮影したもの。
このうちの2枚が後にスレイター氏が出版した写真集で発表され、
にんまりと笑みを浮かべたような表情のナルトの自撮り写真は大人気となった。

 しかし2015年にPETAは、ナルトが撮影した写真である以上、 スレイター氏はナルトの著作権を侵害していると主張し、ナルトの代理人として訴えを起こしていた。

 一審ではPETAの訴えは認められなかったものの、スレイター氏は昨年10月、 この写真の売り上げの25%をクロザルの生息地の保護活動を続けている団体に寄付することに同意していた。

 控訴裁判所は今回、異例の見解を示し、 PETAがナルトの訴訟後見人を名乗ったにもかかわらず訴えを全面的に取り下げようとしたと非難。
動物は著作権侵害訴訟を起こすことはできないが、 PETAはナルトのためよりも「ナルトを、自分たちのイデオロギー的な目標のために道具として利用した」と述べた。(c)AFP

画像:米カリフォルニア州グレンデールのセルフィー博物館に展示された、クロザルのナルトが撮った自撮り写真
no title


AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3172404




【猿に「自撮り」の著作権なし 動物愛護団体の訴え認めず】の続きを読む